http://mycoplasmasama.seesaa.net/sitemap.xml その時の気持ちを思い出し

2013年05月28日

寒かったよ〜

寒かったよ〜
寒かったよ〜もうそんなギャグは言わないw
http://samukattayo.seesaa.net/
"キャーッ!""ヤイコーッ!""ウォー!"と観客はすでにライブモードど真ん中。

(14)ドキドキのつぼみ
(15)i can fly
(16)ミラクルワイパー
(17)アンダンテ
(18)Go my way
(19)ネバーランド行き
(20)Not Enough.〜period〜

【アンコール】
(1)My Sweet Darlin'
(2)モノクロレター
(3)ハネユメ


エンタメいちばん! 矢井田瞳 アーティストページ
【次のライブに行きたい人!】 ↑アクセスして「お気に入りに登録」必須です!


その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

【キャンペーン実施中】 まずは「無料メンバー登録」をお願いします!
 Mission1:豪華賞品をゲットせよ! → Wii&Wii Fitが当たる!
 Mission2:噂のライブに潜入せよ! → ライブモニター第1期生募集中!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
熊木杏里 ライブレポート
2008年04月11日 11時03分54秒 / ライブレポート
熊木杏里 
熊木杏里 Spring Tour 2008 〜春隣〜

2008年4月2日
赤坂BLITZ
posted by その時の気持ちを思い出し at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちごベッドで、お休みなさいZzz・・・

いちごベッドで、お休みなさいZzz・・・
http://ichigobeddo.seesaa.net/
1曲目の「YES」、2曲目の「ハッピースピナー」と、『colorhythm』の曲順どおりだ。手拍子も入り、観客全員が総立ち状態という盛り上がりっぷり。
ヤイコも「みんな、サイコーのミュージックな夜にしよう!」とあおる。

「Not Still Over」では、黄色に彩られたステージで、ファンクとジャズを合わせたような軽快なサウンドに乗せて飛び跳ねる!
さらに、いまのスタッフやメンバーなどたくさんの出会いのきっかけとなった大切な楽曲だと語った「HOW」、小田和正から"一緒に曲を作りませんか?"とメールをもらってビックリしたと語ったバラード「恋バス」、演奏する前に観客全員と掛け合いの練習をした"ライブソング"「ミラクルワイパー」など、「アンダンテ」「Go my way」といったヒットシングルも交えながら、終盤に向けて、さらにグイグイと観客を引っ張っていく。



壮大なバラード「Not Enough.〜period〜」で本編は終了したものの、ハイライトはこの後、待っていた! 

【演奏曲目】
(1)YES
(2)ハッピースピナー
(3)Buzzstyle
(10)How?
(11)会いたい人
(12)君こそ道しるべ
(13)恋バス
posted by その時の気持ちを思い出し at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたたび

ふたたび
ふたたび参上ですがな〜
http://futatabi.seesaa.net/
アンコール1発目の、彼女の代名詞とも言えるナンバー「My Sweet Darlin'」を演奏し終わった後、「みんなホンマにありがとう。めっちゃ感謝してます。そんな私からみんなへプレゼントがあります」と、マイクから離れて、「聴こえるぅ!?」と叫ぶヤイコ。
すると誰が発するというわけでもなく"聴こえるよ!"という声がいたる場所から飛び交う。
そして、ギター一本を抱え、マイクなしのありったけの声で「手と涙」を披露してくれた。
温かなギターの音と、ヤイコの心を込めた歌声だけがこの世界に存在しているかのようなそんな空間。言葉どおり、これ以上ないヤイコから観客へのプレゼントだった。割れんばかりの拍手が巻き起こった。



続く「モノクロレター」と「ハネユメ」を歌いきり、ライブは終了。
「私ね、音楽がホンマに好きやねん」という彼女の言葉を表現したライブであった。
なお、このライブのもようを収録したDVDが6月25日(水)に発売されるので、こちらも要チェック!

撮影=源賀津巳


(4)Siren
(5)I Love youの形
(6)Not Still Over
(7)未完成のメロディ
(8)靴音
(9)虹のドライヴ
posted by その時の気持ちを思い出し at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンドイッチですが何か?

サンドイッチですが何か?
サンドイッチですが何か?ってそんなニックネームですよ。
http://sanndoicchi.seesaa.net/

デビュー曲「やぶれかぶれ」の前には、「こんなにたくさんのみんなの前で歌えるとは思ってなかったです」と感慨深く話すと、会場からは大きな拍手が起こる。
そして曲では、ステージの左右ギリギリのところまで駆け出してファンに手をふりながら熱唱するなど、デビュー当時の気持ちを思い起こしながら歌っているような姿が印象的だった。




3月に発売された7thアルバム『colorhythm』を引っさげたツアーが、4月11日のJCB HALL公演にてファイナルを迎えた。

ホール内には、いまかいまかと"ヤイコ"の登場を待つ観客でぎっしりと埋まっていた。
そして、照明が付き、バンドを従えギターを抱えたヤイコの姿が映し出されると悲鳴にも似た歓声が。
深いブルーのスカートと、黒のTシャツの上にキラキラとしたベストという出で立ちだ。
posted by その時の気持ちを思い出し at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンちゃんという名のワンちゃん

ワンちゃんという名のワンちゃん
ワンちゃんという名のワンちゃんのブログですが、どんなブログやねーんって自分で突っ込むw
http://pumajajijoho.seesaa.net/
さてさて。
現在受付中の「「サクラサク♪春のエンタメ祭」」ですが、いよいよ締切が近づいてきました!

4月22日(火)正午までのお申込みとなります。
まだお申込みいただいていない方は、ぜひぜひ「アクセス」してください

【キャンペーン実施中】 まずは「無料メンバー登録」をお願いします!
 Mission1:豪華賞品をゲットせよ! → Wii&Wii Fitが当たる!
 Mission2:噂のライブに潜入せよ! → ライブモニター第1期生募集中!


明日もライブレポートをお届けします。
お楽しみにしていてくださいませ


その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
矢井田瞳 ライブレポート
2008年04月15日 15時27分03秒 / ライブレポート
矢井田瞳 
COLOROCK LIVE 2008

2008年4月11日
JCB HALL
<コンサートプロモーター:ソーゴー東京>
posted by その時の気持ちを思い出し at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日5杯コーヒー飲んでますが何か???

毎日5杯コーヒー飲んでますが何か???
http://ksgt16.sblo.jp/

その後も90年代の懐かしい名曲を立て続けに演奏すると、トータスが「次の曲は、今日限りで封印しようと思います」と発言。会場からは「え〜」「なになに?」と驚きの声が沸く。
そして披露されたのはCMで話題を博した「明日があるさ」。
軽やかな曲にトータスの歌声も弾み、途中では、20周年記念バージョンにコーディネートされた鉄琴がステージに登場し、ケイスケがかわいく叩くと、会場が温かな雰囲気に。そして「封印する」と言っていたトータスだが、歌い終わると「思いのほかよかったな〜」と満足気。またいつの日か演奏する時もあるかも!?

その後は、「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」「マカマカBUNBUN」など、ノリのよい曲をメドレーで一気に演奏。
次から次へと飛び出す個性的な曲にファンも酔いしれていた。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インベーダーって流行ってたの???

インベーダーって流行ってたの???
インベーダーって流行ってたの???歌しか知らないな〜www
http://sokuho-news.sblo.jp/


結成20周年という大きな節目を飾る一夜限りの武道館ライブ。

シングル曲をほとんど演奏するという豪華な企画だけに、どんな曲でスタートするのか気になるところだったが、聴こえてきたのは…そうあの名曲「ガッツだぜ!!」。
曲が始まると同時に銀色のテープが前方から勢いよく飛び出し、アゲアゲなナンバーとともに会場のテンションも一気に上昇!
ファンは手を上げて飛び跳ね、ブルーのスーツで統一されたメンバーも躍動感ある演奏を展開。


MCでは、「ウルフルズです! うわー幸せやなー。春やし、浮かれまくっていいですかー?」と、トータスもこの武道館ライブに大興奮。

一転して、しっとりとしたバラード「たしかなこと」を披露。
ブルーのライティングが美しく、ケイスケのギターも哀愁感のある音色で会場を包み込んでいく。
元気爆発的な曲だけではなく、こういう曲もいいと改めてウルフルズの魅力を確認した瞬間であった。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油は枯渇するんかいなぁ〜???

原油は枯渇するんかいなぁ〜???
http://tyourei6.sblo.jp/
デイヴ・グロールは、ステージに登場するなり、いきなり花道の先端まで行って観客をあおる。彼らの日本でのライブとしては最大規模の会場だけに、興奮を隠せない様子だ。
そして、1曲目の「Let It Die」を繰り出し、デイヴ・グロールが拳を突き上げると、ファンは手拍子でこたえる。

ウルフルズ結成20周年ライブ in 武道館「希望、無謀」
〜シングル全曲やります!(そうね、だいたいね)〜

2008年4月12日
日本武道館
<コンサートプロモーター:ディスクガレージ>
「ツギハギブギウギ」では、「ダンダンダンダン」「ツギハギ〜」というフレーズをファンも大合唱!
ノリのよい3曲を一気に披露し終えるとトータスも満面の笑顔を見せる。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近所の公園で起きたニュースだったよ〜

近所の公園で起きたニュースだったよ〜
この前見たニュースは、近所の公園で起きた出来事だったよ〜
http://xn--cckb9ducs7k0a8p.sblo.jp/

つづいて、新作からの1stシングル「The Pretender」のイントロが聴こえると、会場からは大歓声が沸きあがった。さらにシャウトも飛び出し、そのたびに会場は、熱気と興奮を増していく。


【アンコール】
(1)Big Me
(2)Long Road To Ruin
(3)Best Of You


エンタメいちばん! フー・ファイターズ アーティストページ
【次のライブに行きたい人!】 ↑アクセスして「お気に入りに登録」必須です!


その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
ウルフルズ ライブレポート
2008年04月18日 17時24分49秒 / ライブレポート
ウルフルズ 
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美顔器を使う毎日・・・

美顔器を使う毎日・・・
美顔器を使う毎日ですが効果がでるのかどうなのか^^;
http://xn--vekt04i5g2a2yu.sblo.jp/

(9)Skin And Bones
(10)Marigold
(11)My Hero
(12)Cold Day In The Sun
(13)But, HonestlyMCでは、ライブに来てくれたファンに感謝を伝え、「今日は2時間やるぜ!」といつものライブよりも長めにやると宣言。この言葉にファンも色めき立った。
そして、「Learn To Fly」や「This Is A Call」などをたて続けに繰り出す。
その間もステージ狭しと、右に、左に、花道にと動きまわり、少しでもファンのそばでパフォーマンスをみせようとするデイヴ。その姿に、観客は、拳をかかげたり、ハンドクラップをするなどして声援を送り、彼らを盛り上げた。


(14)Everlong
(15)Monkey Wrench
(16)All My Life
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お食事は楽しく♪

お食事は楽しく♪
やっぱりお食事は楽しくしたいよね!
http://hidamari.hatenadiary.jp/

(5)Learn To Fly
(6)Cheer Up, Boys (Your Make Up Is Running)
(7)This Is A Call
(8)Stacked Actors「Stacked Actors」では、デイヴとギタリストのクリス・シフレットにスポットライトがあたり、華麗なギタープレイの競演をみせつけると、ファンはうっとり。
ラストではドラムのテイラー・ホーキンス以外のメンバーがステージから下がり、彼のソロパフォーマンスへ。迫力満点のドラムソロで観客を魅了した。

再びステージにメンバーが戻ると、今度はデイヴがアコースティックギターを抱え、アコースティックアレンジのナンバーを次々と展開。
「My Hero」では、ストリングスなどを加えた、壮大なサウンドで観客を圧倒。
曲が終わり、会場全体に響きわたった、大きな拍手がファンの満足度を物語っていた。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春うららかな〜

春うららかな〜
春うららかな日々がいいな〜
http://haruurara.hatenablog.jp/
つづいて、ジョークも交え、一人一人の得意技とともにメンバー紹介。
テイラーの紹介では、彼がメインボーカルをとった曲を歌わせるなど、観客を飽きさせるどころか、釘付けにさせるようなMCを繰り広げた。
最後は、「Monkey Wrench」「All My Life」を、いままで以上に熱のこもったボーカルでファンをあおるように歌い上げるとステージを後にした。

アンコールで再び登場すると、「もう1曲やる?2曲?」とここでも心憎い言葉。結局2曲どころか3曲も歌い上げた。
ラストの「Best Of You」では投げキスをファンにふりまき、さらに、観客が「オー オー」とコーラスを歌うと、会場は一体感に包まれ、そんな雰囲気のままライブの幕を閉じた。



最新アルバムを引っさげたツアーながら、バランスよく過去の名曲も散りばめて披露。
そのパワフルなパフォーマンスを見せ付けられたファンは、早くも、次の来日が待ち遠しくなったに違いない。

撮影=Teppei Kishida

【演奏曲目】
(1)Let It Die
(2)The Pretender
(3)Times Like These
(4)Breakout
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺のヒーロー

俺のヒーロー
ヒーローは誰だ?誰だ?誰だーーー?って探しているところ〜
http://japanhero.hatenablog.com/

その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
フー・ファイターズ ライブレポート
2008年04月22日 12時58分31秒 / ライブレポート
フー・ファイターズ 
JAPAN TOUR 2008

2008年4月13日
幕張メッセ国際展示場ホール3
<コンサートプロモーター:ホットスタッフ・プロモーション/スマッシュ>



昨年リリースしたアルバム『エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス』を携えたワールドツアーの一環となる、約1年4か月ぶりのジャパンツアー初日。

posted by その時の気持ちを思い出し at 09:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログで何気ない日記

ブログで何気ない日記
まあ〜とにかく思い出は大事にね。
http://blogs.yahoo.co.jp/mygroupsno1



こんにちは!スタッフ壱号です

いつもライブレポートをお楽しみいただき、ありがとうございます。

いよいよゴールデンウィークが始まりますね。

楽しい計画を立てている方も多いのでは
今年は前半と後半に分かれているパターンが多そうですね。

ということは

ライブを楽しんじゃおうという機会も増えるものですね


夏フェスに向けての前哨戦

行ってみたいライブには、どんどん行っちゃいましょう
そして楽しんじゃいましょう


「エンタメいちばん!」では、そんな素敵なライブ・コンサート情報を満載でお届け中です。
まずは、アクセスしてみてください


明日もライブレポートをお届けします。
お楽しみにしていてくださいませ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
ゴールデンウィークはライブへ行こう!
2008年04月24日 20時30分16秒 / スタッフより
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女優さんはいつの時代でも素晴らしい人がいますね。

女優さんはいつの時代でも素晴らしい人がいますね。
女優さんはいつの時代でも素晴らしい人がいますね。そんな方に出会いたいですよ〜
http://actress.maichy.net/

3月16日の仙台から始まったツアーも今日がファイナル。
真っ暗なステージに4つの影がそれぞれの楽器の配置につく。
「Base Ball Bearです!」という掛け声一閃、まずは「ELECTRIC SUMMER」からスタート。
メジャー1stシングルとなったこの楽曲は、観客の思い入れも強いのか予想を遥かに上回る盛り上がりだ。

「彼氏彼女の関係」「愛してる」を歌い終えた1発目のMCでは、「17歳の時、制服を着たまま、NUMBER GIRLのライブを観るために初めてZepp Tokyoに来たんですよ、この4人で。その時に観覧車に乗りながら、“いつかここ(Zepp Tokyo)でやってやるゾっ!”って叫んだんですよ」というエピソードをボーカルの小出祐介が話してくれた。


その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳優の演技が特にアクトというですね。

俳優の演技が特にアクトというですね。
俳優の演技が特にアクトというですよね。やっぱり俳優さんは凄いな〜
http://act.maichy.net/
その後、続けざまに3曲歌い放つと、5月8日(木)にリリースされるニューシングル「changes」を披露。
ポップなメロディに彩られた疾走感のあるさわやかなロックチューンに、発売前だというのに、観客は体を上下に揺らしノリノリだ。



そして、親友が結婚すると聞いて作ったというバラード「協奏曲」、ベースの関根史織がメインボーカルをとる「WINK SNIPER」、スマッシュヒットシングル「真夏の条件」などバラエティに富んだ構成で一気に終盤へ。
手拍子にあふれた「ドラマチック」から、超満員のZepp Tokyoのコール&レスポンスが響きわたった「17才」で本編は終了した。


(14)青い春.虚無
(15)CRAZY FOR YOUの季節
(16)ドラマチック
(17)17才

【アンコール1】
(1)気付いてほしい

【アンコール2】
(1)祭りのあと


エンタメいちばん! Base Ball Bear アーティストページ
【次のライブに行きたい人!】 ↑アクセスして「お気に入りに登録」必須です!


(10)SAYONARA-NOSTALGIA
(11)協奏曲
(12)WINK SNIPER
(13)真夏の条件
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクネ(にきび)を早く治したいわ〜

アクネ(にきび)を早く治したいわ〜
アクネ(にきび)を早く治したいからいいものないものかな〜
http://acne.maichy.net/

そして、アンコールために再登場した小出から、「9月19日(金)・20日(土)に渋谷C.C.Lemonホールで2daysライブを行います!」とうれしい報告が!
その後、ポップなメッセージソング「気付いてほしい」を熱唱し終えて終了かと思いきや、さらなるサプライズが待っていた。
それは、観客を交えて先のニューシングル「changes」のカップリング曲である「SUMMER ANTHEM」のPV撮影。
「SUMMER ANTHEM」を演奏している時の観客の盛り上がりを2回撮影して無事にPVを撮り終えた。



最後には、彼らからのプレゼントとして、「祭りのあと」が演奏され、Base Ball Bearにとってはもちろん、ファンにとっても一生記憶に残るであろう"メモリアルライブ"は、幕を閉じた。


【演奏曲目】
(1)ELECTRIC SUMMER
(2)彼氏彼女の関係
(3)愛してる
(4)ヘブンズドアー・ガールズ
(5)4D界隈
(6)STAND BY ME
(7)changes
(8)抱きしめたい
(9)GIRL FRIEND
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

達成するぜ!なし遂げるぜ!これぐらいしないとな。

達成するぜ!なし遂げるぜ!これぐらいしないとな。
達成するぜ!なし遂げるぜ!これぐらいしないとやってられないぜ〜!
http://achieve.maichy.net/
その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
Base Ball Bear ライブレポート
2008年04月25日 13時38分17秒 / ライブレポート
Base Ball Bear 
'08 Spring Tour「17才からやってますツアー」

2008年4月12日
Zepp Tokyo
<コンサートプロモーター:ディスクガレージ>

(1)ウェカピポ
(2)GROWN KIDZ
(3)GASOLINE


posted by その時の気持ちを思い出し at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100点満点の算数のテストですがな〜

100点満点の算数のテストですがな〜
http://100abba.maichy.net/


アンコールでは、先に登場したShinnosukeが「僕たちが大事にしている曲です」と紹介をして、デビュー曲「ウェカピポ」を披露。途中では、ファンと共にコールアンドレスポンスを行い、会場が一体となってこの“特別な曲”を展開した。

この日初といってもいい本格的なMCでは、Diggy-MO'が「5年半やってきたけど、ずっと同じ思いを貫けてよかった。(ファンの)みんなもスタッフもありがとう。そして夢をもって欲しい。恥をかくくらいがちょうどいいんだ!」とファンへ熱いメッセージを伝えた。



(14)Widespread Panic
(15)Master's Groove 2
(16)Flyte Tyme(Extended)
(17)Dream Drive
(18)Catwalk
(19)TONGUE TE TONGUE
(20)To All Tha Dreamers
(21)Starlight Destiny

エンタメいちばん! SOUL'd OUT アーティストページ
【次のライブに行きたい人!】 ↑アクセスして「お気に入りに登録」必須です!

【アンコール】
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイト爵位授与式における剣での軽打の意味

ナイト爵位授与式における剣での軽打の意味
http://accolade.oumi-e.com/

そして本当のラストとなった「GASOLINE」では、Diggy-MO'が「東京ー!」と叫んだり、ペットボトルの水を客席にまいたりして興奮も絶頂に。ラップも渾身の力を込めて、全身全霊をかけて歌いあげた。

オープニングからラストまで、常に攻撃的な姿勢を貫いたSOUL'd OUT。
本領発揮となった彼らの魅力がファイナル公演で爆発した!


【演奏曲目】
(1)STEALTH
(2)COZMIC TRAVEL
(3)Paraluxx
(4)TOKYO通信 〜Urbs Communication〜
(5)Magenta Magenta
(6)MEGALOPOLIS PATROL 〜Human Beat Box〜
(7)Cinozoic
(8)TANK
(9)デタラmEDUCATION
(10)TABOO Feat. Clench & Blistah
(11)VOODOO KINGDOM
(12)Pop n' Top
(13)SHUFFLE DAYZ pt.2
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセントが地方によって違いますよね。

アクセントが地方によって違いますよね。
アクセントが地方によって違うのは方言やね。
http://accent.oumi-e.com/

また、「TABOO」では、ニューアルバムで共演したClench & Blistahの2人が登場。
曲の前には、Clenchが「この4人がそろったらやる曲は決まってる」と豪語すると、Diggy-MO'がすかさずに「4人じゃねえよ」と答えると、Shinnosukeが隠れるふりをして会場をなごませた。
しかし、いったん曲が始まると、ゴリゴリのヒップホップサウンドにラップの応酬をのせ、5人の“男気”をいかんなく発揮した。



その後も、ミラーボールが回る中、原曲よりもポップにアレンジされた「Flyte Tyme(Extended)」や、サビでのファンの大合唱が圧巻だった「TONGUE TE TONGUE」、Diggy-MO'の力強いラップ&歌声が響き渡ったラストの「Starlight Destiny」と、終始ノリノリで、ファンも手を上げたり、左右に揺らしたりして盛り上がった。

その直後の「Cinozoic」でも、曲の随所で彼がヒューマンビートボックスを展開し、また「TANK」ではDiggy-MO'が力強い叫びのようなラップを行い、さらにファンのテンションを高めていった。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

促進とは、物事がはやくはかどるようにうながすこと。

促進とは、物事がはやくはかどるようにうながすこと。
促進とは、物事がはやくはかどるようにうながすことという意味です。
http://accelerate.oumi-e.com/
「ゴーン、ゴーン」という鐘の音が会場に響き渡り、その後、壮大なSEが鳴り続ける…。
彼らの登場をいまかいまかと待ち続ける観客のテンションが上がりきった途端にステージを覆っていた白い幕が落ちて、ライブがスタートした。

オープニング曲は「STEALTH」。Diggy-MO'の語るような男くさいライムが炸裂し、パンパンに膨れ上がったJCB HALLのファンも「オイ!オイ!」とコール。
続く「COZMIC TRAVEL」では、大量のスモークが上がるなか、テンポのよい曲でファンも手を上げてノリノリに。
Diggy-MO'もその歓声にあおられるように、ステージ上のスピーカーに足をかけ、ファンの方を見つめながら歌い放った。



Diggy-MO'の「行くぜ!」という掛け声も飛び出した「MEGALOPOLIS PATROL」の後には、Bro.Hiがヒューマンビートボックスを披露。スローなテンポからじょじょにスピードを上げていく彼の巧みな“技”に観客も大興奮して、歓声を上げる。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

aiちゃん大好きやねん!歌は最高カッコイイ!!

aiちゃん大好きやねん!歌は最高カッコイイ!!
http://ai.oumi-e.com/

(11)センチメンタル
(12)明日を落としても
(13)もったいない
(14)生きたいよ
(15)途中の行方
(16)ex.人間
(17)正常
(18)パープルムカデ
(19)Sonic Disorder
(20)ソドシラソ
(21)天才
(22)coup d'Etat〜空をなくす
(23)リアル

【アンコール1】
(1)さくら
(2)ニセモノ
(3)未発表曲
(4)イマジネーション
(5)scene through

【アンコール2】
(1)She was beautiful
(2)落堕
(3)真空


無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
前ページ



SOUL'd OUT ライブレポート
2008年04月29日 13時31分37秒 / ライブレポート
SOUL'd OUT
Tour 2008 "ATTITUDE"

2008年4月23日
JCB HALL
<コンサートプロモーター:キョードー東京>



3月9日の新潟LOTS公演から続いた全国ツアーもついにファイナル!
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多額の金が必要なのだ〜

多額の金が必要なのだ〜
多額の金が必要なのだ〜いえを建てたいから。
http://abundance.oumi-e.com/
未発表曲を含んだ9曲を聴かせてくれた後、ラストナンバーの「Reborn」が演奏された。
最後だからといって饒舌になるわけでもなかったが、その分ありったけの心を込めた演奏で、観客に“ありがとう”と伝えようとしていたように思えた。
そして、その心はきっと観客に届いたに違いない。

なお、この日のもようを収録したライブDVDの発売が決定。
詳細は決定次第HPにて発表されるとのことなので、要チェック!


【演奏曲目】
(1)きこえるかい
(2)無効の日
(3)生活
(4)神のカルマ
(5)I・N・M
(6)Anything for today
(7)イエロウ
(8)月になって
(9)負け犬
(10)希望【アンコール3】
(1)翌日
(2)Reborn


エンタメいちばん! Syrup16g アーティストページ


その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

省略形,省略語,略語,略字という意味だそうだよ〜

省略形,省略語,略語,略字という意味だそうだよ〜
そんなドメインの意味だったとは難しい〜〜〜
http://abbreviation.wakaura.com/

「希望」を挟んで、「センチメンタル」と「明日を落としても」は、五十嵐がギター1本で弾き語りを披露。少しかすれたハイトーンボイスが、武道館に木霊する。
観客一人一人の心にグサリと突き刺してくるような叫び。周りではすすり泣く声も聞こえ、いつの間にかほとんどの人が立っていた。

バラードで聴かせた後は、スピーディなロックナンバーを次々と繰り出していき、ノンストップでアンコールまで駆け抜けていく。

そして、ついにやってきたアンコール。
しかし、当の3人は、中畑大樹が五十嵐をおんぶしながら登場するなど、終わりが近づいていることを感じさせないくらいのリラックスムードだ。
そんな彼らの姿が見られる時間も残りあとわずか。

<コンサートプロモーター:ディスクガレージ>
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そろばん(アバカス)めっちゃ出来たのは小学生の時だけ・・・

そろばん(アバカス)めっちゃ出来たのは小学生の時だけ・・・
そろばん(アバカス)めっちゃ出来たのは小学生の時だけでしたわ〜いまはさっぱりw
http://abacus.wakaura.com/
96年の結成以降、ライブを主戦場として活躍してきた3ピースロックバンド、Syrup16g。
絶望と希望を力のかぎりに歌い上げるそのライブパフォーマンスが、観に来た人をとりこにし、着実にファンの数を増やしてきた彼らだが、07年のツアーファイナルで、3月1日の日本武道館公演にて解散することを発表した。

解散ライブだというのに、いつもとなんら変わらぬ雰囲気で登場した3人。
バックステージまでパンパンの超満員だ。周りを見渡すと、着席している人もいればすでに立ち上がっている人もいてバラバラ。しかしそこが彼らのライブらしい。

1曲目の「きこえるかい」から全精力を注ぎ込むような、熱のこもったボーカルが響く。
MCらしいMCもなく、いつもどおり、ひたすら演奏をする彼ら。
だが、9曲目の「負け犬」では、五十嵐隆が初っ端のギターをミスり、自ら「負け犬なだけにね…」とボソッとつぶやき、会場がなごむ場面も。


2008年3月1日
日本武道館
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たくさんいるよ〜魚が川に大量!

たくさんいるよ〜魚が川に大量!
たくさんいるよ〜と驚いたぜよ〜
http://abound.wakaura.com/

でも、ここはやはり、シチュエーションを大事にして、熱い想いを共有する手段も考えてみませんか?


そこでおすすめするのが、ライブ・コンサートで盛り上がろうということなのです

激しいビートでも、リラックスなバラードでも、他の人とはちょっと違うゾと思わせることが大事と思いますよ。


「エンタメいちばん!」では、今回は大きく男子を応援します

きっと見つかる素敵なライブ・コンサート情報。
まずは、アクセスしてみてください


明日もライブレポートをお届けします。
お楽しみにしていてくださいませ


その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
Syrup16g ライブレポート
2008年03月11日 14時52分15秒 / ライブレポート
Syrup16g
LIVE FOREVER 〜The last waltz of syrup16g〜
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有能な人たちがいるではあ〜りませんか。

有能な人たちがいるではあ〜りませんか。
有能な人たちがいるのは知っていますよ!
http://able.wakaura.com/

アンコールでは、「「ただいま」」を歌い、武部のピアノもPAを通さない生音とアカペラで「アリガ十々」を演奏。
ステージの床に座ったり、ステージからフロアに降りて歌うなど、客席のすぐそばまで近づくパフォーマンスに観客もうっとりとして釘付けに。
(9)もらい泣き
(10)Key
(11)ドミノ
(12)moonlight
(13)つないで手
(14)宙ぶらりん
(15)栞
(

その他の公演情報もたくさんあります!
公演情報は「エンタメいちばん!」へ

無料メンバー登録で、新着公演の情報をメールマガジンでお届けします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
ホワイトデーですよ、諸君!
2008年03月13日 13時59分56秒 / スタッフより
こんにちは!スタッフ壱号です

上から目線のタイトルですいません

いつもライブレポートをお楽しみいただき、ありがとうございます。


さてさて。
明日は、ホワイトデーです。
「3倍返し」の日です
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABCを最後まで言えませんがもうええやんw

ABCを最後まで言えませんがもうええやんw
ABCを最後まで言えませんが学校で習ってないし〜え?習ってるやろw
http://abc.wakaura.com/

その歌声に魅了されたオーディエンスが水を打ったかのように静まりかえると、最後は「望春風」を楽器演奏なしの生声で、しかも北京語で静かに歌い上げた。
彼女が一礼をして会場を後にしたあとも、観客からの拍手は鳴り止まず感動的な空気に包まれた夜となった。


【演奏曲目】
(1)年年歳歳
(2)ぱぱへ
(3)あこるでぃおん
(4)かざぐるま
(5)翡翠
(6)ささやき並木
(7)大家
(8)ひとりでに
16)ハナミズキ
(17)受け入れて

【アンコール】
(1)「ただいま」
(2)アリガ十々
(3)望春風


エンタメいちばん! 一青窈 アーティストページ
【次のライブに行きたい人!】 ↑アクセスして「お気に入りに登録」必須です!
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンボールで色々作ってみようと思います。できるかな〜^^

ダンボールで色々作ってみようと思います。できるかな〜^^
http://tsuuhann.xsrv.jp/
1部のピアノと彼女の歌声だけのステージとは違うポップな内容に、観客も手拍子をして応え、彼女も明るいボーカルで歌う。
また、曲が終わると、この日はひな祭りということで、用意していた桃の花の枝に絡めた話を展開して、その枝を観客の一人にプレゼントする一幕もあった。

本編も終盤になると「ハナミズキ」では、昨年の「NHK紅白歌合戦」でも見せた手話を披露。
ラストは、友人から性同一性障害だということをカミングアウトされたことがきっかけとなり生まれた曲というエピソードを語り、「どんな人とでも先入観を持たずに受け入れて人と向き合いたい」という思いを観客に告げると、「受け入れて」を歌い上げて、「どうもありがとうございました」という感謝の言葉を残して幕を閉じた。
posted by その時の気持ちを思い出し at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。